2010年02月20日

妊娠出産とバストアップの関係

バストアップと妊娠出産についてですが、バストアップしたいと思っている人が突然何もしなくてもバストアップできることがあります。それは妊娠と出産をするとバストアップしてしまうのです。


これはごく自然なことで生理的にバストアップできるのです。妊娠出産中は女性ホルモンの分泌が活発になるといわれていますが、バストアップには女性ホルモンは欠かせないといわれています。


バストアップしたいと思っていても妊娠すれば自然とバストアップされるようになりますし、出産後はおっぱいが作られ始めますからバストアップどころかかなり張ってくるのではないでしょうか。


しかし残念なことに妊娠出産でバストアップしていた胸は出産後授乳期間を過ぎるとだんだん女性ホルモンの分泌も減ってきますから、また元通りのバストのサイズに戻る、もしくはそれ以下のサイズになってしまうといわれています。


バストアップさせたいと思っていて妊娠出産で一時的なバストアップを遂げた人でも、残念ながらまたバストは小さくなってしまいます。


【PR】
胸 左右 | 授乳後 バストアップ | バストアップ成功 | 対人恐怖症 克服 | バストアップ 手術 | プチ豊胸 | バスト 悩み | 貧乳 バストアップ | アトピー性皮膚炎の治療 | 脱ステロイド リバウンド | アトピー 完治 | 薄毛対策 | 抜け毛 原因


授乳後にまたバストアップさせたいと思っている人は多いのですが、なかなか簡単にバストアップさせることは難しいとされています。


妊娠出産後のバストアップには女性ホルモンの分泌させる働きのある食べ物やサプリメントを積極的に摂取するなどしてホルモンの分泌を促すことがバストアップにつながります。

産後女性ホルモンのバランスを崩してしまった場合には、バストが小さくなることがあります。


posted by バストアップ,豊胸,エクササイズ,食事 at 13:19| ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。